フリーランスは自由の代わりにリスクを負う、それでもフリーランスとして働きたい理由

フリーランスは自由の代わりにリスクを負う、それでもフリーランスとして働きたい理由



フリーランスは自由に働けるという魅力がありますが、サラリーマンと比べると仕事を失ったり、収入が減ったりするリスクが高いです。
言わばフリーランスは自由の代わりにリスクを負う働き方で、サラリーマンとはスケジュール面でも収入面でも働き方が全然違ってきます。
確かにフリーランスにはリスクが伴う、それでもフリーランスとして働きたいと私は考えています。
本記事では、フリーランスで生計を立てている私が考える、収入のリスクとフリーランスの働き方について綴っています。

フリーランスは常に仕事を失うリスクを負っている

クライアントの財政状況が悪くなったり、人員整理をしたりする時は、フリーランスが真っ先に切られるでしょう。
社員はそうそうクビにできませんが、フリーランスなら契約を打ち切ればいいのですから。
契約期間を定めた業務委託もありますが、フリーランスの契約は多くの場合が期間が定められていません。
会社に縛られない働き方を選んだ代わりに、いつ仕事を失うか分からない状況に身を置くことになります。

私は基本的に月単位で案件を発注していただいていますが、翌月にまた依頼をしてくれるだろうか、翌月に定期案件が減ってしまわないだろうか、という不安を常に抱えています。
クライアントの意向に沿って仕上げているという自負はありますが、自分の制作物がどれくらいクライアントの利益になっているか確認しづらいので、満足していただけているか分からないという不安があります。

私もこれまで途中で契約が終了となった経験を何度かしています。
次の依頼を期待して音沙汰がなくなった時は辛いもので、自信をなくしそうになる時もあります。
私の制作物がクライアントの期待に沿えなかったのか、もとから単発で依頼する予定だったのかは分かりませんが、いずれにしても、もう一度依頼したいと思ってもらえるような付き合いに発展しなかったということです。

フリーランスは自由の代わりにリスクを負う

フリーランスの働き方は自由です。
時間の使い方も、休日の取り方も、仕事の選び方も。
あるていど報酬を得られるようにならないと仕事を選ぶのは難しいですが、基本的にやりたい仕事をベースにして探しています。

平日に休みを取ることだってできますし、予定外の用事が入ってもスケジュールを柔軟に調整できます。
平日の空いている日にUSJに行くことだってできるので、休日の混雑に巻き込まれずに済みます。

ただし、自由と引き換えにリスクを負うのがフリーランスです。
サラリーマンは時間の自由度が低い代わり、といってはなんですが給料という保障があります。
有給があるので体調不良で休んでも収入は減りません。

それに比べ、フリーランスは基本的に案件ごとに報酬を得るので給料のような保障はありません。
エンジニアが保守・運用業務の契約をすれば給料のように安定した報酬を得られますが、私のようなWebライターのフリーランスは月の依頼数によって報酬が変動します。
依頼が多い月もあれば、少ない月もあります。
契約が打ち切られれば、翌月の報酬がなくなってしまいます。

フリーランスには有給がないため、休んだ日は無収入になります。
休んだ分、後で取り返せるのもフリーランスの良さですが、仮に体調不良で一週間も仕事ができないとなると、かなり収入が減るでしょう。
体調不良が理由でも納期に遅れたらクライアントからの信用をなくし、次の依頼が来なくなる可能性もあります。

リスクがあってもフリーランスとして働きたい

フリーランスは常に仕事を失うリスクと隣り合わせ。
でも、私はフリーランスとしてこの先も働くつもりです。

だって、フリーランスは楽しいから。
しんどいこともありますし、不安なこともあります。
でも、フリーランスとして働くことにやりがいを感じています。

フリーランスは自分の腕だけで生きていかなければならないわけですが、それが楽しいのです。
自分で必死に考えて、工夫して、そうして何かを作り上げていく。
そして、自分の制作物に報酬が発生し、評価される。
それがフリーランスのやりがいです。

生活のために仕事をしているわけですが、やりたい仕事とやりたくない仕事で報酬を得るのとでは充実感が全然違います。
もちろん、フリーランスの仕事がすべてやりたい仕事とは限りません。
でも、総括してみればやりたい仕事ができているので充実しています。

フリーランスとして生計が立てられるようになるまでは苦労しましたし、やりたい仕事ができるようになるまでは時間がかかりましたが、今は楽しく仕事をさせてもらっています。
それも私を信頼して仕事を依頼してくださるクライアントのおかげです。
フリーランスはクライアントとの出会いも大事で、いいクライアントに出会えれば仕事面でも収入面でもかなり充実します。

まとめ

タイトルで結論を述べちゃっていますが、リスクがあってもフリーランスとして働いていきたいと思っています。
もしかしたらこの先、契約が打ち切られて収入が大幅減するかもしれません。
業界の流れが変わって仕事が減ることも考えられるでしょう。
どんな状況になっても対処できるように、常日頃からスキルアップと情報収集は欠かさないようにしています。

リスクがあるからこそ、安心や慢心をせずに先のことを見据えながら働けるのだと私は考えています。
安心はしたいですし、常に不安を感じる生活は避けたいですが、それは自分次第です。
頑張って働くほど収入が増えるのがフリーランスですから、不安を払拭するには懸命に働くしかありません。
同じ頑張って働くにしても、しんどい仕事を無理して続けのではなく、自分がやりたい仕事を楽しくできるのがフリーランスです。

執筆:モジャイダー






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です