言われたことだけやっていてもフリーランスで食べていけない、仕事にひと手間かけることが重要

仕事にひと手間かけることが重要



フリーランスは他のフリーランスとの競争に勝たなければなりません。言われたことだけをやっているフリーランスでは食べていけないので、依頼された仕事にひと手間かけることが必要です。

私のように未経験からフリーランスになった者にとっては、他のフリーランスがやらない手間をした上で、かつそれをどう効率よく行うかが生き残るポイントになってきます。

言われたことだけやっていても単価は上がらない

案件をきっちりこなすことも大事ですが、言われたことだけをやっていても成長しません。フリーランスとして成長しなければ、仕事を増やしたり単価を上げたりするのは難しいでしょう。

「現状維持は後退」という格言があるように、常に前進しなければ仕事が増えるどころか減っていくかもしれません。

正直、指示されたことをこなせるフリーランスはたくさんいます。しかし、それだけでは他のフリーランスに勝てませんし、誰でもできるのであればあなたでなくとも構いません。

大事なのはクライアントに「この人に依頼したい」と思わせることです。

私がフリーランスになりたてのころはそういう意識が薄かったせいか、途中で依頼が切れることもありました。それはきっと依頼された仕事を淡々とこなすだけで、クライアントは私に依頼する価値を感じなかったのでしょうね。

仕事にひと手間かけるとはどういうことか?

でも、仕事にひと手間かけると言われても、何をすればいいか分からないですよね。

たとえば、Webライターであればクライアントから提示された参考資料だけを見るのではなく、自分で必要な情報を調べてより質の高い記事に仕上げる工夫が必要です。さらに、自分から提案をして記事の質を上げる工夫ができるライターであれば、きっとクライアントの心を掴むことができるでしょう。

厳しい言い方をすれば、添付された参考資料だけで済ませるライターは、クライアントにとって依頼する価値はありません。安い単価で引き受けてくれるなら別ですが。私なら自分で記事の質を上げる努力をしないライターに継続して依頼しようとは思わないでしょう。

私の場合、案件のキーになりそうな記事は単価や時間に関係なく、自分が納得いくまで内容を精査して仕上げます。報酬の追加をお願いできそうならクライアントに相談しますが、時間をかける価値がありそうな記事は時給単価を気にせず書くことが多いです。

そうして仕事にひと手間かけていればクライアントの方から単価を上げてくれる可能性が高くなります。実際に私は仕事にひと手間かけることで徐々に単価が上がっていきましたし、継続して依頼が来るようになりました。

ただこれは線引きが難しいところで、手間をかけて仕事をしても単価に反映されないこともあります。正直、頑張っても単価が上がらない仕事を続けるのは辛いものがあるので、そういう時はこちらからクライアントに単価アップの交渉をした方がよいでしょう。

案件の意図を読み解いた上で手間をかける

仕事にひと手間かけると言っても、クライアントが望んでいない部分で頑張っても仕方がありません。クライアントが「そこは時間をかけなくてもいい」と考えている部分に手間をかけても評価にはつながらないですよね。

単価を上げてもらうには、案件の意図を読み解いた上で必要な手間をかけることが大事です。

この案件でクライアントは何を得たいのか、何を改善したいのか、どういう顧客を掴みたいのかなど、案件の意図を考えればどこに手前をかければよいのかが見えてくるでしょう。時には読みを外すこともありますが、経験を積めば精度は上がっていきます。

ま、聞ける状況なら詳しく聞けばいいんですけどね。でも裁量で任せられることが多いので、自己判断でやることがほとんどです。よほど不安な時は聞きます。

忙しいクライアントが多いので、細かい部分まで時間をかけていられないという事情もあるでしょう。なのでフリーランスはクライアントが言葉には出さない要望を察するスキルを身につける必要があると私は考えています。

フリーランスはシビアな生き残り競争の世界にいる

フリーランスの世界はサラリーマン以上にシビアです。継続して仕事を得るには成果を出さなければなりませんし、最低でもクライアントが考える納品物の合格点を越えなければ次からは依頼は来なくなるでしょう。

厳しい言い方をすれば、言われたことだけしかできないならフリーランスでは食べていけないです。自分で考えて納品物のクオリティを上げなければ継続して依頼は来ないですし、他のフリーランスに仕事をとられてしまいます。

フリーランスはシビアな生き残り競争の世界にいるということを自覚しておかないと、すぐに淘汰されてしまうでしょう。フリーランスとして生き残るためには「仕事にひと手間かけること」が必要なのです。

手間をかけても契約が終わる時は終わります。差し戻しや修正指示がなかったのに次の仕事が来なかった場合、クライアントは納品物のどこが悪かったかはわざわざ教えてくれないので、そういう時は思い切って聞くか自分で考えるしかありません。それが今の自分の力を出し切った結果ならば、割り切って次の仕事を探しましょう。

最後に

私はたいしたスキルは持っていないですが、大事なところでひと手間かける工夫をしたのが今の収入につながっているのかなと考えています。逆に言われたことしかやらなかった案件は単価が上がらなかったですし、他の仕事が来ることもなかったです。

時給単価との兼ね合いもあるので全ての案件に手間をかけるのは難しいですが、「この案件は時間をかけるべき」というポイントを見つければ後々収入につながっていくと思います。

執筆:モジャイダー






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です