フリーランスとして生計を立てている私のスキル・スペックを全部さらす

私のスキル・スペックを全部さらす



Webライターのフリーランスとして生計を立てているモジャイダーです。
本記事執筆時で開業して約5年と8ヶ月。
紆余曲折を経て、なんとかフリーランスで食っていけるようになりました。
ふと思いつき、自己分析をかねて私のスキル・スペックを全部さらすことにしました。
どのレベルのスキル・スペックがあればWebライターのフリーランスとして食ってけるのか、という参考にしていただければ。
「あ、こんなスペックでもフリーランスできるんだ」という勇気づけになれば幸いです。

スキル

文章力

クラスで一番国語が得意な奴レベル。
もっと文章力を上げないといけないが、Webライターとして食っていけてるレベルにはあると思う。

文章力に関してはまだまだです。
Webライターで生計を立てているくせに。
謙遜しているわけではありません。
このブログを読んでもらえればわかるように、たいした文章力は持っていません。
でもWebライターとして食っていけてます!
もちろん、常に文章力を高める努力はしていますが、センスも必要ですしね、うん。

執筆速度

激速。
これは自分の中でもっとも突出しているスキルだと思う。
とにかく記事を書くのが速い。

技術面で言えば、ショートカットを駆使しながら効率よく執筆しています。
思考の点で言えば、頭の中で構成しながら文章を書くのが得意です。

以前、クライアントの方にお会いした時に自分の印象を聞いてみると、
文章力に関しては他にも優れたライターはいるものの、これだけ大量に記事を書けるライターは他にいない」みたいな感じの批評をしていただきました。
褒められているのかどうか微妙なところですが、重宝していただいているようです。

執筆が速いということは、より多くの記事を書けるということで、つまりは稼げるということになります。
私がWebライターとして食っていけているのは、執筆が速いことがひとつの理由と考えています。
文章を書くのは好きですが、たいした文才はないと思っているので、とにかく速く執筆できるように努力してきました。

これはほんとです。
少ない本数で稼いでいるWebライターさんもいらっしゃいますが、私は多くの記事を書いて稼ぐタイプのライターなので、執筆の速さは稼ぎに直結しています。
執筆の速さも手伝って、時給換算すると2,000〜2,500円くらいになります。
フリーランスのWebライターとしてはいい方だと思います。
クライアントには徐々に単価を上げていただけていますし、時給単価はまだ上がるかもしれません。

リサーチ力(情報収集力)

高い。
Webライターの仕事の半分は情報収集。
リサーチ力は高いと自負している。
検索スキルとも置き換えられる。

リサーチ力がないとWebライターとして食っていけません。
誰でも簡単に調べられるような表層的な調査では記事にならないし、Googleに評価されないですし。
かといって掘り下げすぎると単価に見合わなくなるので、どこまでリサーチするかの線引きも必要です。

画像検索力

中の上くらい。
Webライターにはサムネイルや文中に使う画像を検索するスキルも必要となる。
イメージに合う画像を探すのは意外と時間がかかる。

画像にはかなりこだわりがあり、イメージにマッチした画像を見つかるまで探すことが多いです。
画像検索に時間をかけすぎると時給単価が下がってしまうので、イメージしている画像を効率よく見つけるための画像検索力が必要なんですよね。

基本的には画像素材サイトで探すわけですが、キーワードによってヒットする画像が全然違います。
内容に合う画像を探すのが難しいテーマの記事もあり、そういう時に自分の画像検索力の未熟さを知る。
時給単価を上げるためにも画像検索力はもっと磨かなければならないですが。

SEO

SEOに関しては専門知識を有しています。
WebライティングにSEOは欠かせないので、知識がないとやっていけません。
職業はWebライターですが、SEOと兼業のような感じです。

もともと、フリーランスになって最初に請け負った案件がWebライティング兼SEO対策でした。
独学でSEOを学びながら、アクセスの稼げる記事の書き方を身につけていきました。

コンテンツSEOの時代になったので開業した時とは随分変わりましたが、やっているのはキーワードを洗って読まれる記事を書く、というシンプルな内容です。
細かい対策はいろいろありますが、検索ユーザーに役立つ記事を書くのが基本となります。

Photoshop

素人に毛が生えたレベル。

Webライターになる前はWebデザイナーを目指していたので一通り勉強しましたが、Webライターになってからはリサイズしたり文字を加えたりするくらいの処理しかしないので、Photoshopのレベルは上がっていないです。

Illustrator

素人に産毛(うぶげ)が生えたレベル。

Illustratorも以前に勉強していましたが、今は全く使っていません。
Webライターの仕事でIllustratorは必要ないので、今後も腕を磨く予定もなし。
それよりPhotoshopを勉強した方がいい気がします。

デザイン力

デザインセンスはそんなにない。
さりとて悪いわけでもない。多分。
言わば普通のレベル。

このブログのサムネイルの適当さを見ていただければ、たいしたデザイン力を持っていないことがお分かりいただけるでしょう。
Webライターの仕事ではデザインしませんからね、必須のスキルではありません。

WordPress

WordPressはある程度扱えます。
一からテーマを構築することはできますし、サーバーに関しても基礎知識くらいはあります。
このブログでは有料テーマを使っていますが、他のサイトでは自分で作ったテーマを使っています。

ライターを始めたころ、WordPressとMovableTypeでサテライトサイトを構築する仕事もいただいていました。
サーバーのインストールからテーマの調整までやらせていただき、いろいろ勉強になりました。
MovableTypeは使ったことなかったのですが、担当の方に教えてもらいながら使い方を覚えていきました。

WordPressに直接入稿することが多いので、WordPressは扱えた方がいいです。
テーマを作れなくても問題はないですが、投稿の仕方くらいは覚えておいた方がいいでしょう。

最近ははてなブログに入稿する案件も増えてきたので、はてなブログの基本的な使い方も覚えておいた方がいいと思います。
ま、入稿するだけなのでそんなに覚えることないですけど。

資格

簿記2級

唯一持っている資格。
前に務めていた会社を辞めて転職活動をしていた時、何を思ったか経理職か税理士を目指そうと思って簿記2級をとりました。
しかし、学生時代から算数が圧倒的に苦手で、自分に向いていないことに気づいて断念しました。

ところがどっこい、フリーランスになって簿記の資格が大いに役立っています。
自分で帳簿付けができるし、確定申告の書類の作り方もだいたいは分かります。
最終的には税理士に確定申告の書類をチェックしてもらっているが、会計ができるのは大きい。
今はfreeeとか便利な会計ソフトがあるからそれ使った方が効率的ではあるが、事業主として簿記の理解は必要だと思う。

リンク:全自動のクラウド会計ソフト


リンク:クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)

スペック

コミュニケーション力

コミュ障寄りだがなんとか会話できるレベル。
しかし、コミュニケーションはまじで苦手。
慣れてない人としゃべるの緊張するし、しょっちゅう噛むし、話の内容は要領を得ないし、コミュニケーション力はかなり低い。

コミュニケーション力が壊滅的だから転職に失敗したと自己分析している。
フリーランスとして生計を立てられなかったらもう死んでたかもしれない。
あぶねえ。

フリーランスになってからのコミュニケーションはと言うと、クライアントとはチャットかメールでしかやりとりしないので問題はない。
たまーに電話する時があるが、ほとんど直接会話することはない。
コミュニケーション力が低い自分にはフリーランスという働き方しか生きる道がないのだ!

営業力

皆無。
無理です、営業。

人見知りとかいうレベルじゃなくて、初対面だと緊張で手が震えますから、ほんと。
飛び込み営業なんて自殺しに行くようなもの。

フリーランスになってから営業したことはありません。
初期の頃はライターサイトで小遣い稼ぎし、あるていど経験を積んでからはフリーランス向けの在宅ワーク求人サイト「@SOHO」で仕事を見つけました。

今はクラウドソーシング探という選択肢もありますし、未経験からでも仕事ができるライターサイトもありますしね。
営業力がなくてもなんとかなります。
あるにこしたことはないですが。

クラウドソーシング、在宅ライターの仕事を探せるサイトの一例:

リンク:ライティング特化型在宅ワークのサグーワークス
リンク:簡単な文章を書いてお小遣い稼ぎ♪

提案力

得意ではないが自分で考えるのは好き。

今は記事のテーマ立案の仕事を任せてもらっています。
自分の担当している記事のテーマだけでなく、他のライターさんの記事のテーマや構成も考えています。
提案とはちょっと違うかもしれませんが、一応「こういうテーマどうですか?」という形で仕事させてもらっているので、提案力が必要になります。

フリーランスとして稼ごうと思ったら提案力は必要です。
お世話になっているクライアントに寄稿という形で記事を売り込むこともあります。
クライアントが欲しがるだろうなという記事を考えなければならないので、提案力がいります。
営業力はなくてもなんとかなりますが、提案力がないと一段階上へ進めません。

クライアントは自分が何ができるかを全部知ってくれているわけではないので、仕事を増やすには「こういう記事も書けますよ」というアピールも必要です。
提案力に関してはまだまだ未熟なので、これから磨いていきます。

集中力

スタートが遅い。
一旦集中しだすととことんやってしまうタイプで、集中力のコントロールができていない。

集中力に関しては課題アリです。
始めさえすれば集中できるのですが、起きてから仕事を始めるまでの時間が長いのでそれ以前の問題。
マルチタスクをしてしまうクセがあり、ひとつのことに集中するのが苦手です。
熱しやすく飽きっぽい性格も集中力の低さに影響していると思います。

シングルタスクに切り替えて集中力を高める努力をしなければと思っています。

知識量

広くて浅い。
Suchmosに「もうGood night」と言われそうなレベル(「STAY TUNE」より)。

Webライターを始めてから知識量は格段に増えました。
ひとつのジャンルに特化したライターではないので、必然的に知識は広くて浅くなります。
よく書くジャンルはビジネス、マーケティング、経営関連。
自分の知識だけでは追いつかないので、学びながら記事を書いている感じです。

興味のないテーマの記事を書くことも多いので、必然的に知識の幅が広がります。
ライターを初めてからいろいろなことに興味を持つようになったのは、自分の中ですごくプラスになっています。

マツコ・デラックスのような知識量が半端ない人になりたいけれど、記憶力がそんなによくないからなれないでしょうね。
マツコさんがすごいのはそれだけじゃないんですけどね。

自己管理能力

低い。
一人暮らしなので生活サイクルがめちゃくちゃ。

いやほんと、反省の日々です。
もともと朝が起きるのが超苦手で、フリーランスになってから「ひゃっほー!朝起きなくていい!」と調子に乗って完全に夜型になっています。

かと思えば一周して朝型になったり、そう思ったのも束の間、また夜型に戻ったり。
全然生活サイクルが安定していません。
これも自己管理能力の低さゆえの結果。

フリーランスとして働くなら自己管理能力がないといけません。
自己管理能力がないのによくやってけてるなと思いますが、これじゃダメです。
罵っていただいて結構です。
ダメ人間。クソ。ゴミ。嫌い。消えてなくなれ。
ちょっといい過ぎじゃありませんか?(´;ω;`)

自己管理を改めないとやばいと思いつつも改善できずにいます。
これは当面の課題です。

追記:
最近ちゃんと朝起きれるようになりました。
一般的な起床時間と比べて遅めですが、自分にとってはかなりの進歩。

健康面

いたって健康。病気しない。
しかし運動不足。

働きに出ていないので風邪をうつされることがないせいか、ほとんど体調を崩しません。
これまでインフルエンザにかかったことないですし、どっちかというと健康体です。

運動不足なので将来が心配なんですけどね。
座りっぱなしなので確実に足の筋肉は弱っているでしょうし、寿命も縮まっていそう。
あと、運動すると脳が働きやすくなるので、せめて軽くジョギングしないといけないなと思っています。

まとめ

こうして自分のスキル・スペックを書き出してみるとたいしたことねえなあ…。
しかし、このスキル・スペックでもWebライターで生計を立てられているという事実に我ながら驚き。
いいクライアントに巡り会えたというのも大きいので、運もあるのかなと思います。

もっとスキルアップを目指すべきなんでしょうけれど、元来の怠け者の性格が邪魔してなかなか自分を高められず、怠惰な自分を反省する日々です。
ペテルギウスの格好の餌食になりそう(「Re:ゼロから始める異世界生活」より)。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です