【最速】Macのホットコーナー機能を使ってデスクトップを一瞬で表示させる

ホットコーナー設定



Macでは「BetterTouchTool」を使ってトラックパッドからデスクトップを表示できるよう設定していたのですが、「BetterTouchTool」が完全有料化されることになり、無料で使えなくなりました。
一番早くデスクトップを表示させる方法を探ったところ、「ホットコーナー」を使うと一瞬でデスクトップを表示させられることがわかったので、備忘録がてら設定方法を解説します。
今までなんで使わなかったのだろうかと思うほど便利で、おそらくMacでは最速でデスクトップを表示できる方法だと思います。

ホットコーナーとは?

ホットコーナーは、Macの四隅にカーソルを持って行った際にアクションが起こるように設定できる機能です。
以下の動画のように、画面左下コーナーに「デスクトップ」を設定しておくと、カーソルを持っていくだけでデスクトップが表示されます。
もう一回カーソルを持って行くと開いているアプリが画面に戻ります。

ホットコーナーでは、以下の設定を割り当てることができます。

・デスクトップ
・アプリケーションウィンドウ
・Mission Control
・Dashboard
・Launchpad
・通知センター
・スクリーンセーバーを開始する
・スクリーンセーバーを無効にする
・ディスプレイをスリープさせる

ホットコーナーの設定の仕方

「ホットコーナー」は「Mission Control」から設定できます。

「システム環境設定」 → 「Mission Control」 → 「ホットコーナー」

ホットコーナー-システム環境設定 Mission-Control-システム環境設定 ホットコーナー

あとは四隅それぞれに実行したいアクションを割り当てるだけです。

ホットコーナー設定

仕事がら、サイトのスクリーンショットを撮影することが多いので、デスクトップを一瞬で表示できる「ホットコーナー」のは非常に助かります。
カーソルを移動させることでアクションが起こるので、トラックパッドからも利用できます。
こっちの方が「BetterTouchTool」より速いですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です