WordPressの有料テンプレートを購入して感じたメリットとデメリット

有料テンプレートを購入するメリットとデメリット



このブログは「アルバトロス」という有料テンプレートを使っています。
1年ほど有料テンプレートを使ってみて感じたメリットとデメリットを綴りたいと思います。
有料テンプレートを買っちゃおうかなどうしようかな、と迷っている方の参考になればと思い、正直にメリットとデメリットを書きます。
ではここから本文ですので最後までお読みください。どうぞ!

このサイトで使っているテンプレート「アルバトロス」

まず、このサイトで使っているテンプレートを紹介したいと思います。
アルバトロス」という名前のテンプレートで、2015年7月にリリースされました。

このテンプレートを選んだ決め手は”デザイン“です。
美しいデザインを気に入り、初めて有料テンプレートを購入しました。
ケチな性分なので最初は全く有料テンプレートを買う気なんてさらさらなかったのですが、「欲すぃぃぃぃ!」と思ったが最後、気づいたらこのポチってました。
価格は7,980円(税込:2017年2月現在)。
※規約によると、1回の購入で1サイトにのみ利用できるとのことです。

リンク:WordPressテーマ「アルバトロス」

アルバトロス

他にも「ストーク」と「ハミングバード」というテンプレートがあります。

リンク:WordPressテーマ「ストーク」
WordPressテーマ「ハミングバード」

有料テンプレートを使ってみて感じたメリット

メリット1:デザインがいい

有料テンプレートによりますが、このブログで使っている「アルバトロス」はとにかくデザインがいい!
これまではテンプレートを自作していて有料テンプレートを買う予定は全くなかったのですが、「アルバトロス」を見た瞬間、「欲しい!」と思いました。

私のような非デザイナーにとっては、サイトのデザインはひとつの課題。
有料テンプレートでデザインの問題を解決するのもアリかなと思います。

「アルバトロス」はデザイン重視で買ったようなものですから。

それに、サイトのデザインがいいと更新するのが楽しくなるんですよ。
「おらワクワクしてきたぞ」ってな感じでサイトに愛着が湧いてきます。
大事ですよね、更新するモチベーションって。

メリット2:サイトを一から設計しなくていい

WordPressのオリジナルテンプレートを作るとなると、そこそこ時間がかかります。
有料テンプレートにしても無料テンプレートにしても、サイトを一から設計しなくていいので時間と手間が省けるのは大きなメリットです。
有料テンプレートはしっかり設計されているので、ほぼデフォルトのままで使えます。
このサイトも細かい部分は調整していますが、ほとんどデフォルトの状態です。

無料テンプレートにはない機能がたくさんありますので、有料テンプレートに欲しい機能が備わっていれば買う価値はあるかなと。
デザインが気に入っても欲しい機能がない場合は迷うところですが。

メリット3:スマホ対応してくれている

スマホから検索する人が多いですし、Googleのモバイルフレンドリーの影響もあり、今はサイトをスマホ対応するのが当たり前になっています。
しなきゃいけないのは分かっているものの、スマホ対応って面倒くさいんですよね。
自作していた時もちゃんとスマホ対応していましたが、結構時間かかりますよね。

今の有料テンプレートはたいがいスマホ対応してくれているので、その手間と時間が省けるのは大きいです。
もちろんタブレットにも対応しているので、モバイル端末で見やすいサイトになります。
レスポンシブデザインに対応していることが多いので、スマホ対応に関しては安心です。

メリット4:マニュアルがある

有料テンプレートは公式サイトにマニュアルがあるので、使い方さえ覚えればすぐに慣れます。
無料テンプレートってマニュアルがないので使い方が分からない時があるんですよね。

「アルバトロス」もマニュアルを見ながら設定しました。
少し分かりにくい部分もありますが、マニュアルを読めばたいてい解決します。
その点で言うと、マニュアルがある有料テンプレートはWordPress初心者には安心だと思います。

メリット5:複数のサイトで使える

有料テンプレートはお金がかかるものの、一度買ってしまえば使い回しができます。
他の自サイトや自ブログで使えるので、複数のサイトで使うなら値段以上の価値は取れると思います。
この「アルバトロス」は他のサイトで使うために買ったのですが、後から作ったこのブログでも使っています。

デザインのトレンドは変わるので何年かすると古臭く感じてしまうかもしれませんが、そこは割り切るしかないですね。
3年くらいで有料テンプレートを買い換えるというサイクルもアリかと。

有料テンプレートを使ってみて感じたデメリット

デメリット1:細かいカスタマイズがしにくい

基本的にはデフォルトのデザインやレイアウトで使っているのですが、有料テンプレートはカスタマイズしにくいなと感じました。
管理画面からではできないカスタマイズをしようと思った時、内容によっては結構時間がかかります。

それはなぜかというと、自分で作ってないからどこにどのファイルがあって、どのスタイルシートが適用されているのかよく分からないのです…。
無料テンプレートと比べて中身が綺麗に構成されているのですが、他の人が作ったテンプレートってその人のクセもあるのでカスタマイズしにくいですよね。

他のサイトやブログでもこの「アルバトロス」は使っていますが、サイトごとに付け加えたい機能が違うので、機能によってはカスタマイズに時間がかかることがあります。
有料テンプレートはデザインや構築をする手間が省ける分、カスタマイズに時間がかかるのがデメリットであると感じました。

デメリット2:人気のテンプレートはかぶる

人気のテンプレートってみんな使っているから、どうしてもかぶっちゃんですよね。
「アルバトロス」は最近人気が上がってきているので、「あ、このサイト、うちと同じテンプレートだ」ってのがよくあります。
見ている人はあんまり気にしないと思いますが、あまり他の人とかぶりたくないなという人には向いていないと思います。
そんなこと言ったら無料ブログのテンプレートはかぶりまくりですが。

デメリット3:そこそこいい値段する

有料テンプレートに値段はかなり変わるのですが、たとえばSEOに強いテンプレートとして人気の「賢威」は24,800円(税込:2017年2月現在の価格)しまう。
しっかりとSEO対策が施されているので後々の利益を考えれば安いのかもしれませんが、そこそこの出費になります。

「アルバトロス」はデザイン重視のテンプレートで、価格は7,980円(税込:2017年2月現在の価格)です。
SEOに関しては「賢威」の方が強いと思うので、デザインをとるかSEOをとるかによりますが、いずれにしても安くはないですよね。
そんなにお金に余裕がある生活をしていないので、「アルバトロス」を買うのにしばらく考えました。
考えた結果、価格に見合った価値があると判断したので買いました。

価格に関して言えば、優れたテンプレートを作る手間暇を考えるとその価値はあるのでしょうし、価格に見合った効果や満足感が得られればいいと思うので、価格が高いと感じるかどうかは人それぞれです。

まとめ

有料テンプレートを購入して「買ってよかった」と思っています。
細かい部分のカスタマイズのしにくさがあるものの、「アルバトロス」はデザインと機能が気に入って買ったので満足しています。

有料テンプレートを買う判断基準としては、時間をとるかどうかだと思います。
WordPressで一からテンプレートを作るのには時間がかかりますし、スマホ対応もしなければならないので、その時間を短縮できるのはかなり大きいです。
デザインが優れたサイトやSEOに強いサイトを短時間で作りたいなら、有料テンプレートを買うのもアリだと思います。

執筆:モジャイダー






2 件のコメント

  • ワードプレスの有料テンプレートのレビューを探していて、貴サイトにたどり着きました。わたしもアルバトロスの購入・使用を検討しているのですが。アルバトロスのウェブサイトを見る限り、複数サイトでは使えないようなのですが、堂々と記載しても大丈夫なものでしょうか?もし、大丈夫なようだったら、私もすぐにでも購入したいものですが・・・。突然のコメント失礼いたしました。

    • コメントありがとうございます。規約を確認したところ、ご指摘のように1回の購入で1サイトにしか使えないようです。未確認の情報を記載してしまい、申し訳ありません…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です