フリーランスのWebライターになるならWordPressを絶対扱えた方がいい




フリーランスのWebライターはWordPressに接する機会が多いので、絶対扱えた方がいいです。WordPressは難しそうと思っている方は多いと思いますが、そんなに構える必要はないです。私は非デザイナー、非コーダーですが、独学でWordPressを学びました。サイト構築がメインの仕事ではないので、あるていど扱えれば充分です。というわけでですね、今回はフリーランスのWebライターにWordPressを推奨する記事で、難しそうというイメージを払拭できればと思っています。

フリーランスのWebライターがWordPressを学ぶべき理由

フリーランスのWebライターは記事作成が仕事ですが、直接クライアントのサイトに記事を投稿することがあります。WordPressでサテライトサイトを構築しているところが多く、投稿、または下書きで納品する案件が結構あるんです。投稿するだけなので難しい知識は必要ありませんが、WordPressを扱えた方が仕事に役立ちます。

私はというと、フリーランスのWebライターになる前、自サイトを作るためにWordPressを勉強したので、開業したときにはあるていどWordPressを扱えるようになっていました。ライターなら投稿するだけですが、最初に契約したクライアントはWordPressでのサテライトサイト構築の仕事もいただけたので、勉強していてよかったです。ライターでサイト構築を依頼されることはあまりないですし、そのクライアント以外では依頼されたことはなかったですが、投稿の仕方だけでなく構築の仕方を学んでおいて損はありません。

WordPressができれば自分でアフィリエイトサイトを作れる

もうひとつフリーランスのWebライターがWordPressを学ぶべき理由があります。

それは自分でWordPressを使ったアフィリエイトサイトを作れるからです。はてなブログなどのブログサービスを使っても充分アフィリエイトサイトはできますが、長期的にサイトを育てるのあれば、独自ドメインを取得してWordPressでアフィリエイトサイトを作った方がよい、というのが私の考えです。最初ははてなブログで運営して、後にWordPressに移行するのもアリ。いずれにしてもWordPressを扱えた方がアフィリエイトがしやすくなります。

WordPressの管理者権限について

WordPressに直接入稿する場合、サイトの中身を間違っていじってしまわないか心配…という方も多いかと思います。でもそこは心配ありません。

WordPressには「管理者権限」というものがあり、ユーザーを追加する際、「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」のいずれかを指定することができます。「管理者」はWordPressの中身をいじることができますが、「管理者」以下は権限が制限されるので編集範囲が限定されます。。クライアントのサイトに投稿する際は「投稿者」か「寄稿者」のいずれかです。

「投稿者」と「寄稿者」ではサイトの中身をいじくれないので、変にいじってしまう心配はありません。それに、投稿するだけなので中身をいじるような機会はなく、間違ってサイトのレイアウトを崩してしまうことはないでしょう。もちろん、投稿記事のタグが間違っていればその記事の表示が崩れますが、すぐ修正できるので心配しなくても大丈夫です。

WordPressは独学で充分学べる

WordPressは難しそうだと思っている方は多いと思いますが、全然そんなことはありません。私は非デザイナー・非コーダーですが、独学でWordPressを学べました。デザイナーやコーダーの方に比べるとレベルは劣りますが、仕事に役立っていますし、自分でアフィリエイトサイトを作れるので(このサイトはデザインが気に入った有料テーマを使っていますが)、やろうと思えばできます。

WordPressは世界で最も使われているCMSで、オープンソースなので誰でも無料で使うことができます。日本語の解説記事がくさるほどありますので、わからなければググればすぐ答えは見つかります。無料のプラグインが豊富にあるので機能を簡単に追加することができ、プラグインを使えば会員制のサイトだって作れます。

初心者のころは、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りてサイトを構築するのは難しそう…と思いますが、やってみればなんてことはありません。これも解説記事がくさるほどあるので、わからなければググればいいのです。やっているうちに慣れていきますので、一旦難しいイメージは捨ててください。WordPressも独自ドメインもレンタルサーバーも難しくありません。もちろんよくわからない部分もありますが、簡単にできるように設計されているので心配ないです。

WordPressはHTMLとPHPというプログラミング言語を併用するのですが、難しそうと思うのはPHPの方だと思います。確かに最初はややこしそうな印象を持っていましたが、無料のテーマがあふれるほどありますし、最初のころはタグをググッてコピペすればいいのです。もちろんどうやって動いているのか理解する必要はありますが、基本さえ押さえればすぐ理解できます。そう、わからなければググればいいだけ

WordPressを学べる動画

WordPressを学ぶなら、「ドットインストール」の動画レッスンがわかりやすいのではないかと思います。WordPressのインストールからテーマ作りまで必要なことは一通り教えてくれるので、その通りにやっていけばWordPressでサイトが作れます。全23レッスン、1つの動画の時間は3分以内なので、毎日1動画ずつでも1ヶ月以内で終わります。

WordPress入門 (全23回) / ドットインストール
WordPress入門 (全23回) / ドットインストール

WordPressの参考書

WordPressの参考書もたくさん出てるので、ひとつ買ってみてもよいかと思います。

私はこの参考書を買ってWordPressを勉強しました。

上記の参考書は2010年出版のものなので、HTML5とCSS3に対応しているのはこちらです。

WordPressの入門書は他にもあるので、参考までにどうぞ。

WordPressサイトを作るならエックスサーバーがおすすめです。
このサイトもエックスサーバーを使っています。
WordPressの自動インストール機能を使えば簡単にサーバーにWordPressをインストールできます。

リンク:WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です