超夜型だった私が朝型に切り替えるために実践した超簡単な6つのこと

超夜型だった私が朝型に切り替えるために実践した5つのこと



夜更かし大好きで朝が超苦手、夜型生活歴20余年(中学の時から)。フリーランスになって早起きする必要がなくなってから夜型生活は加速し、超夜型に。このままではダメ人間になってしまいそうなので朝型生活に切り替えることにしました。

根性では治りそうもないので、工夫して朝型生活に戻すことに。その思惑通り、朝型生活にシフトできました!私が実践した朝型生活に切り替えた方法を備忘録がてら書いておこうと思います。

いずれも誰でもできる超簡単なことです。意思が弱い私ですらできたのですから、誰でもできるはず。夜型から朝型に変えたい方はぜひ参考に。

たった一日でいいから、いつもより少し早く起き、少し早く寝る

まずはこれが大事。一日でいいんです。

一日で夜型から朝型に変えるのは無理なので、少しずつ起きる時間と寝る時間を早めていきます。いきなり早起きしすぎず、徐々に朝型生活に慣れていくこと。これが大事。

でも、何も用事がないのにいつもより早く起きるのは難しいですよね。それなら、あえて朝早い用事を作ってみるといいですよ。友達と待ち合わせの時間を早く設定したり、映画を観るなら朝の時間帯のチケットを先に購入してしまったり。昼寝してしまうと夜眠れなくなるので、一日出かける用事がいいですね。

朝の時間内に起きることを目標にする

夜型人間が6時とか7時とか早い時間に起床するのを目標にすると、高い確率で挫折してしまいます。これは経験済みです。

無理に早起きすると昼間に眠くなって昼寝してしまい、気づいたら3〜4時間寝てしまって夜眠れなくなる。そして夜型生活に戻る\(^o^)/この過ちを何度繰り返したことか…。

6時とか7時に起きようすると挫折するので、10時でも11時でも朝の時間内に起きれたらOKとしちゃいましょう。最悪11時59分でもいいです。朝の時間内に起きようとする意思を自分の中に根付かせることが大事。

その生活に慣れたら9時、8時とだんだん起きる時間を早めていき、それが当たり前になってくると朝型生活が習慣になります。どんなことでもいきなり目標を達成しようとするからうまくいかなかった時に挫折するわけで、毎日少しずつ目標に近づける方が挫折せずに続けられます。

私はこの習慣を身に着けたおかげでどんなに遅く寝ても9時には目が覚め、昼寝もしなくなりました。起きるのはだいたい8時くらい。
早く起きすぎると夕方眠くなるのでこれくらいがベスト。

一般的な社会人と比べると起きる時間は遅いですが、フリーランスなので全然問題ナッシング。昼まで寝ても誰にも怒られないし、遅く起きても仕事もちゃんとしますが、朝起きた方ができることが多いので朝型をキープしています。

少し早起きできた自分を褒めてあげる

少し早起きできた自分を褒めてあげる

早起きできる人には甘いと言われそうですが、夜型生活がしみついた人間にとって朝の時間内に起きるのは大きな進歩

早起きできなかったと自分を責めるより、少し早く起きれた自分を褒めてあげ、自分を調子に乗せていくというのが私の作戦

だって、夜型の人間は自分に甘いから夜型になってんです。それなら、その甘さを利用して自分を褒めて伸ばしてあげましょう。そうしているうちに、朝の時間内に起きるのが習慣になってきますから。

夜型生活に慣れている人間にとって、ちょっと早起きできるだけでも誇らしいものです。ええ、正直自分に甘いですよ。甘々ですよ。

でもいいんです。自分を調子づかせてだんだん起きる時間を早めていけば、朝起きるのが気持ちよくなってきますから。
変な意味じゃないですよ。自画自賛でも気持ちいいもの。

朝起きる気持ちよさを自分に感じさせるのです。

そう、考えるんじゃない、感じるんだ!

目が覚めたらまずスマホでゲームをする、またはニュースを読む

これは意外と効果がある方法なのですが、目が覚めたらまずスマホでゲームをする、またはニュースを読むようにしてください。最初は眠たいので二度寝したくなりますが、スマホをいじっているうちに目が覚めてきて、二度寝できなくなります。

目が覚めてすぐ布団から出るわけではないのですが、スマホをいじっているうちに目が覚めてくるので「しゃーねえ起きようか」って気持ちになってきます。

私は二度寝大好き人間だったのですが、この方法を実践するようになってから二度寝しなくなりました。スマホゲームをすることもあれば、はてブなどを見て仕事に関係する情報収集をすることもあります。

スマホゲームをするならスタミナを消費するゲームがいいですね。二度寝してスタミナが全快したらもったいないので、スタミナを消費するまで起きててやるって気持ちになります。そうこうしているうちに目が覚めるという算段。貧乏性を利用した見事な作戦。

私のおすすめはオートバトル機能のあるゲーム。オートでバトルできるので、朝起きてからバトルをボーっと見ているうちに目が覚めてきます。たまに寝落ちしていますが、起きてなきゃと思う意思があるのですぐまた目が覚めます。

私は「サマナーズウォー」をやっていて、朝起きてから何回かオートバトルをやったりいろいろいじったりしているうちに目が覚めてきます。

起きてすぐにスマホを操作するのは目に良くないかもしれませんが、早起き効果はあります。

早めに夜ご飯を食べる

満腹の状態で睡眠に入ると体が消化活動を行わなければならず、熟睡できなくなります

熟睡できないと起きてからも眠気がとれず昼寝をしてしまい、夜眠れなくなる、という悪循環に陥ってしまいます。

私も以前は夜ご飯を食べるのが遅く、満腹状態で眠るのが習慣でした。なので熟睡できておらず、起きてからも眠気が残っていてよく昼寝をしていました。これは良くないです。

私は朝型生活に切り替えるために夜ご飯の時間を早めました。早く食べすぎると寝る前にお腹が空いてくるので、8時くらいに食べるようにしています。

どうしても夜ご飯が遅くなる時は腹八分目にとどめておくようにし、満腹状態で眠るのを避けています。

朝ごはんを楽しみにする

朝ごはんを楽しみにする

これも意外と効果があった方法です。夜型生活をしている時は昼過ぎに起きるのが習慣になっていたので、朝ごはんを食べていませんでした。

でも、朝ごはんって一日のうちの最初の楽しみだと思うのです。

私は近所のドトールでモーニングを買ってきたり、コンビニで好きなサンドウィッチを買ってきたり、朝ごはんを食べるようになってから朝起きるのが楽しみになりました。

毎食買ってたら食費がかさむので、最近はロールパンにソーセージやスクランブルエッグを挟んだ朝ごはんを食べています。パンが好きなので、それも結構楽しみなんですよね。朝食べるたまごかけごはんも美味しいですし、たまにセブンイレブンでパスタサラダ買ってきたり、朝ごはんが楽しみになる工夫をしています。

アンジャッシュの児嶋みたいに食に全く興味がない人はこの方法は使えないですが。食通の渡部とは真逆っていう不思議なコンビ。

朝型生活に切り替えてから時間が増えた

いまでも平均して7時間くらいは睡眠をとっていますが、超夜型を送っていた時は10時間とか、ひどい時は12時間とか平気で寝ていました。

充分に睡眠をとるのも大事ですが、さすがに12時間は寝すぎですよね。7時間睡眠と比べると5時間も差があります。5時間あればたくさん用事ができますし、なんならちょっと遠出しても帰ってこれる時間です。

超夜型生活を送っていた時を振り返ってみると、なんであんなに時間を浪費していたのだろうと思います。私はフリーランスなので仕事時間を増やせばもっと収入が増えるだろうに、睡眠を優先してしまうという愚かな生活をしていました。いまでも眠るのは好きですが、必要以上に眠りません。

まとめ

いきなり夜型生活から朝型生活に切り替えるなんて無理です。少し早く寝て少し早く起きる、というように徐々に時間をずらしていく方が着実に朝型に切り替えられます。

朝型生活に慣れるとあんなに好きだった夜更かしをしなくなり、むしろ夜早く寝たいと思うようになりました。ほとんど二度寝をしなくなりましたし。30代中盤なので年のせいではないと思いますが…。

夜型生活に戻らない自信はありませんが、いままで幾度も早起きに挫折してきた私が無理せず朝型生活を続けているので大丈夫でしょう。おそらく。たぶん。朝ごはんでも何でもいいので、朝起きる楽しみを作るのが一番効果があると思います。

執筆:モジャイダー






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です