1日30分のウォーキングを始めたら寝付きと寝覚めが超絶良くなった!夜型生活の改善には「歩く」が効果的

1日30分のウォーキング

根っからの夜型人間で、頑張って朝型生活に切り替えたのですが、もともと寝付きが悪く熟睡度が低いゆえ、早起きしても日中眠たくて仕方ありませんでした。それが1日30分のウォーキングを始めた途端に改善され、今では0時前に眠って6時くらいに自然と目が覚めるように

これはマジです。ウォーキングを始めただけで超夜型人間が超朝型人間になりました。釣りでもなんでもありません。マジで長年悩んでいた夜型生活から脱却できました。

1日30分のウォーキングをするとなぜ夜型生活が改善されるのか? それにはちゃんと理由があるのでそれを解説します。朝型生活に悩んでいる方にはウォーキングを強く推薦したい。

朝のウォーキングは夜型生活改善に効果的

朝にウォーキングをすると、太陽光を浴びることによる覚醒効果が得られます。

朝日には体内時計をリセットする効果があり、太陽光を浴びると夜型生活で狂った生活リズムが修正されるそうです。

思い返してみれば、在宅で仕事をしているので朝に外へ出ることがなく、カーテンも開けないので朝に太陽光を浴びない生活をしていました。朝に太陽光を浴びることもなく、一日中家にこもりっきりで仕事をしていたので、体内時計がリセットさせずに狂いっぱなしだったんでしょうね。

朝にウォーキングを始めたことで狂っていた体内時計が正常にリセットされて生活リズムが整い、夜に早く眠れるようになったのだと思います。一度生活リズムを取り戻せばこっちのもん。もう狂わせてやらない。

ウォーキングすることで体が疲れて眠りやすくなる

頭脳労働なので仕事をすると頭は疲れるのですが、体が疲れていないのでよく眠れませんでした。

それがウォーキングを始めたことで体も疲れるようになり、夜になると頭も体も疲れてすぐ眠れるようになったのです。

夕方にウォーキングをするといい疲労感と言いますか、体いい感じに疲れるのでお風呂に入ってご飯を食べると眠たくなってきます。21時くらいには眠たくなるくらいです。

体が疲れると脳から休みなさいというサインが出て、眠りに入りやすくなるのでしょうね。

日頃運動していない人間にとって1日30分のウォーキングは結構疲れるものなので、それだけで十分に運動になります。体力がついてくるとウォーキングの時間や運動の時間を増やさないといけないですが、最初は1日30分のウォーキングだけでそれなりに疲れるものです。

それに1日30分のウォーキングくらいなら一晩眠れば回復するので、翌日に影響しません。

ウォーキングすると血流が良くなって頭が冴えてくる

「足は第二の心臓」とも言われていて、足を動かすことで血流が良くなります。

ウォーキングによる有酸素運動を行うことにより、身体中に酸素が行き渡って基礎代謝が高まるそうです。

普段ずっと座りっぱなしで仕事をしているので、血流を良くするためにも体は動かさないといけません。ウォーキングなら散歩がてら体を動かせるので、無理せず続けられます。

朝に散歩をすれば太陽光を浴びて覚醒効果が得られ、かつ血流が良くなることで頭が冴える。まさに一石二鳥。

確かに、朝にウォーキングをすると頭が冴える気がします。ばんばんアイデアが浮かびそうな気がして、なんかもうあれです、そんな感じです(冴えてない)。

1日30分のウォーキングで睡眠の質が改善

ウォーキングを始めるまでは夜なかなか寝付けない上に、夜中や明け方に起きては二度寝を繰り返していました。熟睡できていないので睡眠時間が長く、起きても頭がぼんやりしてなかなか仕事に取り掛かれない。そんな睡眠の質が低い状態だったんですね。

それが朝と夕方の15分ずつ、1日30分歩くようにしてからというもの、寝付きが早くなった上に熟睡できるようになったので目覚めも驚くほど良くなりました

これまでは布団に入っても1〜2時間は眠れなかったのですが、今ではだいたい10分くらいで眠りに落ちます。23時くらいになると眠くて仕方なく、0時には寝るようになりました。

夜中に目覚めることもなくなり、朝の6時くらいになったらパッと目が覚めるようになったので、短時間でぐっすり眠れているようです。

私は超がつくほど二度寝大好き人間だったのですが、寝覚めが良くなったことで二度寝をしなくなりました。目が覚めると二度寝しようと思ってもできません。

二度寝が恋しくなるときがありますが、短時間で熟睡できるようになったので一日の稼働時間が増えました。ショートスリーパーではないので3時間とかは無理ですが、6時間寝れば十分です。

今までは8時間とか、ひどい時は10時間とか寝ていたので、6時間に減ったことで時間を得したような気分になっています。

夜型生活改善の努力は別記事に書いています。以下の記事に書いていることも含めて朝型生活への切り替えに成功したので、ぜひ読んでください。

超夜型だった私が朝型に切り替えるために実践した超簡単な6つのこと

ランニングよりウォーキングの方が続けられる

私はあまり走るのが好きではなく(元サッカー部)、これまでに運動が続いた試しはありません。健康のために始めたランニングもいつの間にかやらなくなりました。

一日中座りっぱなしで仕事していることもあり、「これではいかん!」と思いウォーキングを始めることにしたのです。

フリーランス仲間でもある友人も長いこと睡眠に悩んでいたのですが、「ポケモンGO」を始めて歩くようになってから睡眠が改善したという話を聞き、私も始めて見ることにしました。正直、ポケモンはやったことがないですし興味はなかったのですが、目的もなくウォーキングをするよりはいいと思い始めることにしたのです。

「ポケモンGO」は私のきっかけなので特におすすめするわけではないですが、ただウォーキングするよりも目的があっていいかなと思います。

私のように運動があまり好きでない方は、ウォーキングから始めてみると続けられるのではないでしょうか。1時間も2時間も歩く必要はなく、1日たった30分のウォーキングで睡眠の質が改善するなら始める価値はあります。

いつもは自転車で買い物に行っていたところを歩いて行ってみるとかでもいいです。私もその時間を含めて1日30分歩くようにしています。

「夜眠れない」「眠れないから朝起きれない」と悩んでいる方には、マジで1日30分のウォーキングがおすすめです!

執筆:モジャイダー






フリーランスに役立つ記事はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です