Googleタグマネージャーでalt属性のテキストを取得し、Analyticsで確認する方法

タグマネージャーでトリガーを選択

サイト内で、どの画像がクリックされたかを計測する方法のひとつとして、Googleタグマネージャーでalt属性のテキストを取得する方法をご紹介します。設定はシンプルなので、タグマネージャーの基本的な使い方をご存知の方であればすぐできるでしょう。タグマネで設定をしたら、あとはAnalyticsでクリックされた画像のaltを確認するだけ。ではやってみましょう!

Googleタグマネージャーでalt属性のテキストを取得する方法

まずは、Googleタグマネージャーでalt属性の値を取得するための変数を設定していきましょう。

変数の設定

「変数」→「ユーザー定義変数」→「新規」

タグマネージャーで変数を作成

「変数タイプを選択して設定を開始」をクリック → 「自動イベント変数」を選択

タグマネージャーで自動イベント変数を作成

「変数タイプ」は、「要素の属性」を選択

タグマネージャーで変数タイプを要素の属性を選択

「変数名の属性」に、「alt」と入力。任意の名前をつけて保存します。

タグマネージャーの変数の属性名にaltと入力

これで変数の設定は完了しました。次はトリガーとタグを設定していきましょう。

トリガーの設定

新規で「トリガー」を作成

タグマネージャーで新規トリガー作成

「トリガーのタイプを選択して設定を開始」をクリック。今回はすべての画像クリック数を計測したいので、「すべての要素」を選択します。

タグマネージャーでトリガーのタイプを設定

「このトリガーの発生場所」は、「すべてのクリック」を選択。任意の名前をつけて保存。
※すべての画像クリックを計測する場合

タグマネージャーでトリガーの発生場所の設定をする

トリガーの設定

次に新規で「タグ」を作成

タグマネージャーで新規タグを作成

「タグの設定」→「タグタイプを選択して設定を開始」→「Googleアナリティクス:ユニバーサル アナリティクス」を選択

タグマネージャーでタグの設定

トラッキングタイプ:イベント
カテゴリ:(任意の名前)
アクション:{{Page URL}}
→ 画像クリックが発生した記事のURLを取得
ラベル:(先ほど作成したalt取得用の変数を選択)

タグマネージャーでタグの設定

次に「トリガーを選択してこのタグを配信」をクリック

タグマネージャーでトリガーを選択

先ほど作成した画像alt取得用の変数を選択

タグマネージャーでトリガーを選択

任意の名前をつけて保存。これで設定は完了です。

タグマネージャーのタグ設定

バージョン名の名前をつけて公開します。

タグマネージャーで設定を公開

イベントでaltの値が取得しているか確認

では、アナリティクスの「リアルタイム」→「イベント」で計測できているか見てみましょう。

カテゴリ名の「画像カテゴリ」がイベントカテゴリに表示されています。正しく計測できているようです。
アナリティクスでイベントをリアルタイム計測

次は「イベント」からクリックされた画像の詳細を見てみましょう。

「イベント」→「概要」を見てみると、「画像リンク」がありました。「画像リンク」はタグマネのカテゴリで設定した名前ですね。

Google Analyticsのイベントの概要を表示

では、「画像クリック」の中身を見てみましょう。「イベントラベル」をクリックして表示を切り替えます。ここにaltのテキスト情報が表示されます。情報が取得できなかった画像については、(not set)と表示されます。

Google Analyticsでイベントラベルを表示
ABOUT ME
モジャー・メイヤー
コンテンツSEOに強いフリーランスのWebディレクター/Webライター、フリー歴10年。 ディレクション受注実績:出版社、営業ツール、音楽スクール等のオウンドメディア運用・改善。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。