フリーランスは克服できそうにない苦手な仕事をやるべきではない、その4つの理由

苦手な仕事をやるべきではない理由



収入を増やすために得意なことを伸ばすべきか、苦手なことを克服すべきか。
これはとても悩む問題です。
フリーランスで生計を立てている私の答えは、「克服できそうにない苦手な仕事をやるべきではない」です。
“克服できそうにない”というのがポイントになるわけですが、その理由は4つあります。
フリーランスの私が考える、”克服できそうにない”苦手な仕事をやるべきではない理由を解説します。

理由1:その仕事が得意な人には勝てない

苦手な仕事を頑張って克服するのは大事なことですし、それができれば収入にもプラスされるでしょう。
しかし、克服できたとしてもその仕事が得意な人に勝つのは容易ではありません。
苦手だと思っていたが実は自分に合っていたというのであれば別ですが、苦手な仕事でその仕事が得意な人に勝つのは難しいでしょう。
克服するのが難しいほど苦手な仕事はなおさらです。

仕事には人それぞれ向き不向きがあります。
苦手を克服できそうならいいのですが、克服できそうにないならそのことに時間をかけるのはもったいないです。
もちろん業務に必要なことならば努力して苦手を克服するべきですが、苦手なことに労力をかけすぎると他の業務に支障が出てきます。

私はWebライターの仕事をしているのですが、たいていのテーマなら記事を書けます。
でも、どうしてもひとつ苦手なテーマがひとつあります。

それは「神社仏閣」です。
神社とかお寺を訪れるのは好きなのですが、記事として書くのは得意ではありません。
一度、神社仏閣の記事の依頼を受けて書いたのですが、結構辛かったです。
執筆速度には自信があるのですが、神社仏閣の記事を書くのにやたら時間がかかりました。

1記事あたりの単価は悪くなかったのですが、苦手であるゆえに執筆に時間がかかってしまい時給換算すると単価はかなり下がりました。
何より書くのが辛くてストレスを感じていたので、これは単価的にも精神的にも良くないと感じました。
受けた記事は仕上げて納品しましたが、苦手な記事を書き続けるのは質の面でも良くないと思い、追加の発注はお断りさせていただきました。
これまで追加発注を断ったことがないのですが、あまりにも自分に合ってないかったのでクライアントには申し訳ないと思いながら断ることにしました。

フリーランスが仕事を断ると次から発注してもらえないのではないかという不安がありますが、そのクライアントからは今もお仕事を継続していただいています。
断る際は合理的な理由を説明すれば私は問題ないと思います。
それで縁が切れるようなら、それまでやってきた自分の仕事がそこまで評価されていなかったと思うしかありません。

理由2:苦手な仕事は時間がかかるしクオリティも低くなる

苦手な仕事はどうしても時間がかかりますし、得意な人と比べるとクオリティも低くなります。

フリーランスが収入を上げるには、時給単価を上げることが大事です。
他の人が2時間かかる仕事を1時間で仕上げることができれば、時給単価は2倍に上がります。
苦手な仕事を時間をかけてやるより、得意な仕事を短時間で仕上げた方が収入が上がります。

クオリティは経験を積むことで上がっていくでしょうけれど、得意な人との差を埋めるのは容易ではありません。
ステップアップに必要なことならば苦手を克服すべきですが、他に選択肢があるなら無理して苦手な仕事をやり続けなくてもいいと思います。

苦手であるがゆえにクオリティが低くなってしまうと、フリーランスとしての評価にも影響します。
クライアントが望む合格点を大きく上回っていればいいのですが、合格点以下である、または合格点ギリギリのクオリティでは評価されません。
なんとか合格点をクリアするレベルだと収入アップを望むのは難しいです。

それなら得意な仕事を高いクオリティで仕上げた方がクライアントに評価され、収入アップも期待できます。
苦手な仕事で時間を多く消費し、クオリティの低い出来になるくらいならやらない方がいい、と私は考えています。

理由3:得意な仕事のクオリティを上げた方が稼げる

苦手な仕事を頑張って克服しても得意な人に勝てないのなら、得意な仕事のクオリティを上げることを考えた方がいいでしょう。
オールマイティーに仕事をこなせるにこしたことはありませんが、得意なことがある方がフリーランスとしての武器になります。

たとえば、苦手な仕事を克服するために1年かかったとします。
反対に得意な仕事を伸ばすために半年かかったとしたら、後者を選んだ方が早く収入アップにつながります。
苦手な仕事を克服することで仕事の幅が広がって将来の収入が上がるかもしれませんが、得意な仕事で半年早く成果が出たならもう半年は別のことに費やせますし、さらに得意を伸ばせばもっと収入も上がるでしょう。

得意になりそうにない苦手な仕事に時間をかけるより、得意な仕事を伸ばすことを考えた方が効率的です。
苦手な仕事が自分しか出来ない仕事であることはほとんどないでしょう。
まして仕事を選べるフリーランスならわざわざ苦手な仕事を選ぶ必要はありません。

私の場合、フリーランスのWebライターになる前は税理士を目指していました。
理由は簿記2級の資格を持っていたことと、お金を稼ぎたかったことです。

しかし、昔から数字が苦手で2桁の暗算もさっとできないような私に税理士の仕事が向いているわけもありませんでした(向いていない理由はそれだけではないですけど)。
会計事務所や税理士事務所、企業の経理部署への転職を目指していましたが、軒並み不採用。
お金を稼ぎたいという理由だけではモチベーションが維持できず、税理士になることは諦めて自分が得意な文章を書くWebライターという仕事をすることにしました。

結果的にフリーランスとして生計を立てられるくらいには稼げるようになったので、苦手なことを諦めて得意なことに切り替えたのは正解でした。
数字への苦手意識を克服しようとしているのですが、何年経っても克服できていません。
いまのところ業務に支障はないので、苦手を克服するのに時間をかける必要がないかなと思っています。

理由4:苦手な仕事はストレスが大きい

苦手な仕事はストレスが大きいため精神的に良くありません。
開業したてで仕事を選べるだけの余裕がない状況では苦手な仕事をせざるを得ませんが、あるていど選べるようになったら精神衛生を保つためにも苦手な仕事は避けた方が良いでしょう。
全くストレスのない仕事などないのでしょうけれど、わざわざ自分から苦手な仕事を選んでストレスを増やすことはありません。

ましてや自由な働き方ができるフリーランスという道を選んだのですから、ストレスを感じる苦手な仕事より楽しいと感じる得意な仕事をしたいですよね。
得意な仕事だけで食べていくためには下積みが必要なのですが、安定して稼げるようになったら得意な仕事で収入を伸ばすことを考えてみてください。

最後に:フリーランスになるなら得意な仕事を見つけるべき

フリーランスとして独立開業した私からできるアドバイスがあります。
それは、「フリーランスになるなら得意な仕事を見つけるべき」ということです。

自分が得意としている仕事なら学ぶ意欲を高く持てますし、モチベーションも維持できます。
反対に苦手な仕事は学ぶのも辛いですし、モチベーションの維持が難しいので続けにくいです。

私は文章を書くのが好きであったため、Webライターという仕事を選びました。
文章を書くのがしんどい時もありますが、好きな仕事なのでストレスはほとんどありません。

ただ、Webライターの場合は苦手なテーマはできるだけ克服すべきだと私は考えています。
どうしても苦手なテーマは無理に克服する必要はありませんが、単なる苦手意識だけで取り組んでいなかったテーマは試しに学んでみてください。

私はWebライターになってから興味の幅が広がり、今まで関心を抱かなかった話題にも興味を持つようになりました。
それが仕事にもつながっているので、日々新しい学ぶことにやりがいを感じています。

学んでみてこれは自分には合っていないと思えばそれ以上は学ぶ必要ありませんが、苦手だと思っていたけれど学んでみると面白いと感じたことはもっと学ぶ価値があります。
自分に合っているかどうかを判断するために、何でも試しにやってみるのもいいと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です