フリーランス生活が快適すぎてヤバイ。リスクはあれど一生これでやっていきたい

俺は自由だ



フリーランス生活をはじめて約6年。
快適すぎてヤバイです。
仕事をいただけるクライアントがいてこそですが、たいしたストレスもなく快適に暮らしています。
仕事が激減して辛かった時期もあるけれど、いまはフリーランスという働き方を選んでよかったと思っています。
なぜフリーランス生活が快適なのか、これまでの経験をふまえて解説しようと思います。

とにかく時間の使い方が自由!

フリーランスになった一番の理由がこれ。

時間の使い方が自由!

毎朝決まった時間に起きて出社して、という生活ができない性格ゆえ、フリーランスという働き方を選びました。
某CDショップの契約社員として働いていた時は早番と遅番があったので、一般的な会社員とは少し違いましたが、決められた時間に出社するという生活が無理。
ムリムリムリムリカタツムリ。

朝起きるのが苦手であるがゆえ、早起きしなくてもいいフリーランスのという働き方は天国。
以前は超夜型で起きるのが昼過ぎとか夕方でしたが、いまは朝の時間帯には起きれるようになりました。
だいたい8時とか9時とかで、疲れている時は10時くらいに起きます。
一般的な会社員の起床時間と比べると遅めですが、在宅で一人で働いているフリーランスなので全然問題ナッシング。

日によって働く時間はバラバラですが、だいたい6時間くらい。少なっ。
以前はもっと一日に働く時間が長かったですが、いまは単価が上がったので短時間でも生活できるくらいの収入を得られるようになりました。
ライター業の他にアフィリエイトもしているのでそちらに要する時間もありますが、半分趣味のような感じで楽しんでやっているのでそっちは仕事という感覚はあまりないです。

どの仕事をいつやるのか、いつ休むのかを自由に決められるのは本当に楽。
もちろん自己管理しないと果てしなくダラけてしまいますが、そこは経験豊富なフリーランサーなので自分をコントロールする術を身につけています。
働くときは集中して働きますし、休む時はしっかり休んでいるのでメリハリはついている方だと思います。

休日を自由に決められる

これ最高!
休日を自由に決められるなんて、会社勤めの時には考えられなかったこと。
まあ、前職はシフト制であるていど休日の希望の融通が効いたので自由っちゃ自由でしたが、フリーランスは完っ全に自由!

俺の意思ひとつで休日を決められる。
まるで全知全能の神になったかのような気分(錯覚)

もちろんきちんと納期を守った上での自由なので、あるていど執筆のスケジュールを立ててから休日を決めます。
早く仕事が終われば自分の時間が増えますし、休日も増えるのでがぜん集中力が増します。

イレギュラーな用事が入った時も柔軟に休日を入れ替えられるので、友達の急な誘いにもいつだって応じられます。
ま、友達少ないのでそんなにないですけどね!
けっ!

通勤ラッシュなんて無縁

電車に乗るのは嫌いじゃないのですが、毎日通勤で電車に乗るのは嫌。
以前、電車で1時間半かかる店に勤めていた時は毎朝地獄だった。
早起きしなきゃならないし、通勤ラッシュでめちゃ混んでるし。
朝が苦手で朝は機嫌が悪いので(誰でもそうか)、その精神状態で通勤ラッシュに巻き込まれるのはまじで地獄。

フリーランスになって在宅で仕事するようになってから、通勤ラッシュと無縁の生活ができるようになりました。
これは本当に楽。
もう一生通勤ラッシュなんて体験したくない。
ぜったいにフリーランスを続けてやる。

ただ、電車通勤していた時は小説をたくさん読めたので、それは良かったなと思います。
仕事帰りにブックオフで文庫本を買い漁り、とにかくいろいろな小説を読みました。
まだスマホがそれほど普及していなかった時なので、文庫本を買って小説を読むのが当たり前でした。
フリーランスになって通勤しなくなってからブックオフに寄らなくなったのでほとんど文庫本を買わなくなりましたが、その代わりにKindleで読むようになりました。

スマホってほんと便利よねえ。
何冊でも持ち歩けちゃう。
もちろん紙の本で読むのも好きですけどね。

朝、駅前のドトールにモーニングを買いに行くことがあるのですが、その帰り道、出勤のために駅に向かう人々とは反対方向に歩いて行くのはなんとも言えない気持ちになります。
その時に「あ、自分はフリーランスなんだ」ということを強く実感します。
出社しなくていい優越感と社会からはみ出している劣等感が入り混じった、なんとも言えない感情。
天邪鬼な性格ゆえに人と同じ方向には進みたくないという気持ちもあるので、フリーランスという働き方は本当に自分に合っているのだなと思います。

人とほとんど会わないから人間関係のストレスがない

寂しくなんかない

もともとストレスを溜め込まない性格ではありますが、勤めていた時は通勤するストレスがありました。
前の会社はいい職場だったので人間関係のストレスはほとんどありませんでしたが、根本的に人付き合いが苦手な性格ゆえに人と接するのはなるべく避けたい…。
CDショップの契約社員だったので、半分は接客業みたいな仕事だったのですけどね。
接客も得意ではないのであのまま続けていくのは無理だったでしょう。

フリーランスになってからは収入の不安こそあれど、ストレスはほとんどありません。
うそです。
多少なりともストレスはあります。
記事がうまく書けない時とか、苦手なテーマの記事を書かなきゃ行けない時はストレスを感じます。
でもそれは自分次第でなんとでもなることなので、勤め人時代のストレスとは種類が違います。

最近では苦手なテーマの記事も興味を持って書けるようになったので、徐々にストレスは減っています。
Webライターとしてあるていど経験を積んだこともあり、執筆時に発生するストレスの回避の仕方も身につけました。
やっぱり記事を書くことが好きなので、どんな記事も楽しさを見つけるように意識するとストレスを感じずに書けます。

人間関係のストレスは自分だけではどうにも解決できないこともあるので、ほとんど人と接することがない今の働き方はストレスがなくて助かります。

逃げていると言われるかもしれませんが、働き方を選ぶのはその人の自由です。
私は人付き合いのストレスを抱えるより、フリーランスとして気楽に働く方が合っている。
ただそれだけのこと。

クライアントとの付き合いはありますが、みなさんとてもいい方々で話も合うので、付き合いのストレスはありません。
基本的にチャットでやり取りをするのでほとんどお会いすることはありませんが、チャットでは丁寧に対応してくださいますし、たまにお会いする時もすごく気を遣ってくださるのでとても感謝しています。
私はクライアントには本当に恵まれていると思います。

最後に:リスクはあれど一生フリーランスでやっていきたい

可能であれば、一生フリーランスという働き方を続けていきたいです。
フリーランスには仕事がなくなるというリスクもあるわけですが、一度この快適な生活を知ってしまってはもう会社員には戻れません。
ま、コミュ障の私は面接が超絶苦手で再就職に失敗したわけで、戻りたくないというより戻れないと言った方が正確かもしれませんが。

いやー、でもやっぱりフリーランスは将来への不安は大きいですね。
会社員であってもリストラされるリスクがあるので、どちらの働き方でも100%安心できるわけではありませんが、フリーランスは将来設計がより重要になります。
その時の生活でいっぱいいっぱいで将来への蓄えをしなかったら、年取ってから悲惨なことになるでしょうね…。

しかし、いつまでWebライター業をやれるか分かりませんので、仕事が減った時にそなえて何か新しい技術なり知識なりを身につけなければとは思っています。
ライターとしてのスキルを上げて実績を重ねていく努力をしつつ、ライター業以外にもお金になることを探していかなければならないですね。
記事を書いて生活できるのが一番自分に合っているので、できればいまの延長線上で仕事を続けられればいいのですが。

執筆:モジャイダー






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です