伯父・叔父(おじ)、伯母、叔母(おば)使い分け&小父・小母の使い方

「伯父」と「叔父」の使い分け



「この差ってなんですか?」を好きでよく見ているのですが、「伯父」と「叔父」の使い分けについて解説している回がありました。
無意識に「伯父」と「叔父」を使っていましたが、よく考えてみれば2つの漢字があるということはそれぞれ使い方が異なるはずです。
ひらがなで「おじさん」「おばさん」と書いたりメールで打ったりする分にはいいのですが、漢字で書く時はどちらを使えばいいか迷ってしまいます。
「伯父」と「叔父」、「伯母」と「叔母」、さらには「小父」と「小母」の使い分けについて解説します。

「伯父」と「叔父」の使い分け

「伯父」も「叔父」もどちらも読み方は「おじ」です。
「おじ」は両親の兄弟に対する呼び方で、「伯父」と「叔父」は明確な使い分けがあります。

「伯父」は両親のに対する呼び方。
「叔父」は両親のに対する呼び方。

「伯」と「叔」は中国から伝わってきた言葉で、長男は「最年長」という意味の「伯(はく)」、それ以外の兄弟を「小さい」という意味の「叔(しゅく)」と使っていたそうです。

たとえば親が3人兄弟の中間子(真ん中)であった場合、親のお兄さんは「伯父」、弟は「叔父」と呼びます。
親が長男で弟が2人いる場合は2人とも「叔父」、親が末っ子で兄が2人いる場合は「伯父」となります。

「伯父」と「叔父」の使い分け

「伯母」と「叔母」の使い分け

「伯母」と「叔母」も「伯父」も「叔父」の使い分けと同じです。

「伯母」は両親のに対する呼び方。
「叔母」は両親のに対する呼び方。

「伯母」と「叔母」の使い分け

「小父」と「小母」の使い方

両親の兄弟姉妹を「おじさん」「おばさん」と呼びますが、それ以外に中年の方を「おじさん」「おばさん」と呼びますよね。
実は他人のおじさんは「小父」さん、他人のおばさんは「小母」さんと書きます。

昔はおじいさんを大きい父と書いて「大父」と呼んでいましたが、おじいさんとは言い難い中年男性を「小父」と書いて「おじ」と呼んでいたそうです。

「変なおじさん」を漢字にすると「変な小父さん」になるということですね。
あまり他人のおじさん、おばさんを漢字で書くことはないですが、一応覚えておくといいかもしれません。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です