フリーランスの定義&個人事業主の違いを解説

フリーランスの定義



フリーランスとよく聞くけれど、フリーランスの定義ってなんだろう?個人事業主の違いは?と疑問に思われている方は多いのではないでしょうか。フリーランスとして働いているけれど、定義はと聞かれるとうまく説明しづらいという方も多いかと案外多いのではないかと思います。

私もフリーランスとして仕事をしていますので、ちゃんと説明できないとなと思ったので、フリーランスの定義と個人事業主の違いを解説したいと思います。

フリーランスの定義

フリーランスは、企業に所属せずに独立して仕事を請け負うこと、またはその人を指す言葉で、フリーランスとして働く個人事業主をフリーランサーと呼びます。

フリーランスは働き方、または雇用形態を指す言葉で、職業や職種ではありません。

職種はWebデザイナー、コーダー、プログラマー、エンジニアなどIT関係、またはクリエイター、イラストレイター、フォトグラファー(カメラマン)などのクリエイティブ関係が多いです。私のようにフリーランスのライターもたくさんいます。

このようにフリーランスの職種はさまざまで、フリーアナウンサー、フリー俳優、フリー声優、フリージャーナリスト、評論家など、マスメディア関係の職種もあります。

フリーランスは案件ごと、または長期で契約を結び、仕事を受注します。会社員は会社との雇用契約の元で働きますが、フリーランスは自由契約なので企業との雇用関係はありません。

フリーランスと個人事業主の違いは?

個人事業主は、個人で事業を行っている人のことで、株式会社や合同会社などの法人ではない事業主を指します。「個人事業の開業届出」を税務署に提出することで個人事業主として認められます。

フリーランスは働き方の呼称なので、個人事業主は個人商店(飲食店、小売店)を経営している人、美容室を経営している人、士業事務所(税理士、会計士など)を開いている人、建築事務所を開いている人、個人タクシーをしている人など、働き方はさまざまで、働き方のひとつとしてフリーランスという表現を使います。

つまり、個人事業主の働き方のひとつがフリーランスであるため、個人事業主だからといって必ずしもフリーランスであるとは限りません。フリーランスは働き方、および雇用形態を伝えるための表現といえます。

分かりやすいのはアナウンサーの例で、テレビ局を退社してフリー(フリーランス)になった方は、「フリーのアナウンサーです」と自己紹介しますよね。

フリーと前置きするのは相手に企業に所属しているのか、個人事業主として働いているのかを伝えるためのもので、そこには個人事業主であるとう意味も含まれています。

私のようなライターの場合、出版社に勤めているライターと、フリーランスのライターでは雇用形態が違うので、相手に自己紹介するときの伝え方が違ってきます。前者であれば「◯◯社のライター」、後者であれば「フリーランスのライター」と自己紹介します。

まとめ:フリーランスは働き方・雇用形態の表現

フリーランスは働き方、または雇用形態の表現で、個人事業主の働き方のひとつにフリーランスという形態があります

法人化している人はフリーランスではないので、個人事業主の働き方の表現として使われます。

「フリーランスとして独立開業」という表現は厳密には正確ではありませんが、フリーランスには個人事業主であるという意味が含まれているので間違ってはいません。要は相手に自分がどのような働き方をしているのかを伝えるためにフリーランスという言葉を使います。

執筆:モジャイダー






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です