Wordで変更履歴を削除する(表示しない)保存方法、履歴の非表示には「承諾」が必要

Wordで変更履歴を削除する(表示しない)保存方法

Word(ワード)で「変更履歴の記録」をオンにして文章を変更し、「変更履歴/コメントなし」にして変更履歴を非表示にする。これで変更履歴が表示されないと思ってファイルを開いたら、変更履歴が表示されている…。なぜ非表示にしているのに変更履歴が表示されるのか?

それは、変更履歴の非表示している状態を保存していないからです。この作業をしないと、何度ファイルを開いても変更履歴が表示されてしまいます。やり方はとても簡単。変更履歴を非表示にする手順を画像で解説します。

Wordバージョン:Office365 / Windows/ mac

本記事の要約
  • 1:「校閲」→「変更履歴」→「変更履歴/コメントなし」に変更
  • 2:「校閲」→「変更点」→「承諾」→「すべての変更を反映」
  • 3:Wordファイルを保存→閉じる
  • 4:ファイルを開く→変更履歴が非表示に

Wordで変更履歴が削除できない(非表示にならない)原因

変更履歴の非表示は、「校閲」→「変更履歴」→「変更履歴/コメントなし」でできます。ここまではご存知の方は多いことでしょう。変更履歴が非表示になっているので、閉じてもその状態で保存されると思いますよね?

ところがどっこい! 再び開いてみると、変更履歴が表示されているじゃありませんか。ホワイ?

これはある操作をしていないのが原因です。それは、「承諾」→「すべての変更を反映」という操作。これをやらないと、何回やっても変更履歴が非表示になりません。

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法 / Windows

Windowsでの操作方法から解説します。macはこちら

まずは変更履歴を非表示にします。

(1)「校閲」→(2)「変更履歴」→(3)「変更履歴/コメントなし」に変更

いったん、ここで保存して再度Wordファイルを開いてみます。
しかし、「変更履歴/コメントなし」にしたはずなのに変更履歴が表示されてしまいます…(なんでやねん)

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法

実はこれ、「承諾」という操作をしていないので、何度やってもファイルを開いた時にコメントが表示されます。

再び「変更履歴/コメントなし」にし、
(1)「校閲」→(2)「変更箇所」→(3)「承諾」→(4)「すべての変更を反映」をクリック

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法

これで保存して閉じ、ファイルを開いてみます。変更履歴が非表示になりました。

Wordで変更履歴の削除(表示しない)する保存方法

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法 / Mac

Macでの操作もWindowsと同じです。UIが少し異なるので、Macでの操作方法も画像で解説します。

(1)「校閲」→(2)「変更履歴」→(3)「変更履歴/コメントなし」に変更

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法

(1)「校閲」→(2)「変更箇所」→(3)「承諾」の横の小さい三角をクリック

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法

「すべての変更を反映」をクリック

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法

これで閉じてから開いても閲覧履歴が表示されなくなりました。

Wordで変更履歴を削除(表示しない)する保存方法
ABOUT ME
モジャー・メイヤー
コンテンツSEOに強いフリーランスのWebディレクター/Webライター、フリー歴10年。 ディレクション受注実績:出版社、営業ツール、音楽スクール等のオウンドメディア運用・改善。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。