フリーランスの働き方

フリーランスは稼げない時期にアルバイトをすべきか否か、経験から導き出した結論

フリーランスは稼げない時期にアルバイトをすべきか否か

フリーランスとして駆け出しで稼ぎが少ないと、生活費のためにアルバイトをすべきか迷うと思います。私もそういう時期があり、フリーランスの仕事をしながらアルバイトをしようか散々悩みました。現在はフリーランスの仕事だけで生計を立てることができていて、しんどい時期があったからこそ今があると思っています。

フリーランスは稼げない時期にアルバイトをすべきか否か、経験から導き出した結論は一体どちらなのか?稼げないと悩んでいるフリーランスの方はぜひ参考にしていただければと思います。

フリーランスとして開業した後でもアルバイトすべきか?

私はフリーランスとしての稼ぎが少なかった頃、

「せっかくフリーランスになったのにアルバイトをするのもなあ…」
「でも生活費が…」

と2つの考えがせめぎ合う状態で、その頃は生活に不安を感じていました。

結論から言うと、私はフリーランスになってからアルバイトはしていません。何度もアルバイトをしようと考えましたが、フリーランスとして生計を立てることが目的だったので、アルバイトはしませんでした。

では生活費をどうしたかと言うと、お恥ずかしい話ですがクレジットカードでなんとかやりくりしていました…。クレジット払いのツケは後で回ってくることになるのでおすすめしませんが、単価が安くてもフリーランスの仕事だけをすることにしました。
(私のような窮地に陥らないように、開業前にできるだけ貯金を残しておくことを強くおすすめします)

私は開業して3年目くらいに仕事が激減し、継続して依頼してもらえるクライアントにしばらく出会えず苦しい時期があったんですよね。今は定期的に依頼をいただけているので収入は安定していますが、それまでは本当に毎月ギリギリの生活を送っていました。

この話を聞くと、「アルバイトをした方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、フリーランスとして生計を立てたいなら、本業に関係のないアルバイトはおすすめしません。本業に役立つアルバイトならアリですが、全く関係のないアルバイトをしてもフリーランスの仕事にはつながらないですから。

本業に無関係のアルバイトをすると、スキルアップや勉強の時間が減るので、稼げるようになるのが先延ばしになります。

正直、この苦しい時期をどう乗り越えるかでフリーランスとしての将来が変わると言っても大げさではありません。個人的な見解を述べると、生活費のためにアルバイトをするくらいなら、生活が苦しくてもフリーランスの仕事をして早く稼げるようになった方が、後々の自分のためになります。

いいクライアントとの出会いはタイミングや運もありますので、案件を探し続けることが大事です。本業に関係のないアルバイトをしていても、フリーランスとして稼げるようにはならないのですから。

フリーランスとして経験を積むことを優先する

フリーランスとして稼げるようになるには、とにかく経験を積むしかありません。アルバイトをせざるを得ない状況であるなら、経験不足が大きな原因と言えるでしょう。

思うように高単価の案件を受注できないのならば、それは稼げるだけの経験が足りていないからです。経験を積めば高単価の案件の受注率が上がりますし、安い単価の仕事をせずに済みます。

では、どういう経験を積めばいいのか?

職種によって必要な経験は異なりますが、私は自分が苦手な仕事、今までやったことがない仕事にチャレンジしてみるべきだと考えています。自分が苦手とする仕事は他のフリーランスも苦手だったりするので、それができるようになれば武器になります。

やりたくない仕事をするのは辛いですが、それは経験を積めばある程度解消できます。なぜなら、経験があれば自分なりに工夫してその仕事の楽しみ方を見つけられるからです。

Webライターの私の場合、苦手なジャンルの仕事、今までやったことがないジャンルの仕事をすることで興味の幅が広がりました。今までやらなかっただけで、意外と自分に合っているジャンルもたくさん見つかりました。

本当に苦手な仕事であれば後々稼げるようになってから避ければいいだけの話で、稼げない時期は苦手な仕事にもチャレンジしないと突破口は見いだせません。

苦手な仕事もこなして経験を積んでいけば、できる仕事の幅が広がってきます。稼げるようになったら、その中から自分がやりたいと思う仕事を選べばいいのです。

厳しい言い方になりますが、稼ぎが少ないなら仕事を選べる立場ではありません。経験が不足している状態では、好きな仕事だけをするなんてことはできないのですから。

経験の少ないフリーランスが仕事を探す方法

では、どうすればフリーランスが仕事を見つけられるのか?

いくつか方法はありますが、経験の少ないフリーランスにとって便利なのはクラウドソーシングです。クラウドソーシングは未経験でも応募可能な案件がたくさんあります。

低単価の案件も多いですが、経験を積みながら収入を得るのに最適な場所です。

稼げるようになるまでの流れとしては、単価が安くてもいいのでとにかくクラウドソーシングで経験を積み、徐々に単価の高い案件を受注できるようにする、という感じです。正直、単価の安い案件を数多くこなすのはしんどいと思いますが、経験を積めば必ず単価は上がっていくのでそこを耐え抜いてください。

「クラウドソーシングは知ってるよ」という人も、仕組みを理解しておきましょう。

クラウドソーシングはたくさんありますが、私は「CrowdWorks」に登録しています。登録は無料ですし、案件数が豊富なので登録しておいて損はないでしょう。単価はピンからキリまでありますが、スキルと経験があれば高単価の案件を受注できます。

無料でクラウドワークスに登録する
おすすめポイント
未経験者OKの案件あり、200種類以上の仕事カテゴリー、仕事依頼数 約238万件
crowdworks

高単価の案件を探す方法

営業をせずに高単価の案件を探すなら、フリーランス向けの求人サイトを利用するのがいいでしょう。フリーランス専用の求人サイトの案件は全体的にクラウドソーシングより単価が高いので、あるていど経験を積んだら以下のような求人サイトで案件を探してみてください。

営業が苦手」というのであれば、「レバテックフリーランス」のようなコーディネーターがサポートしてくれるフリーランス向け求人サイトが便利です。当サイトもレバテックさんのサイトに紹介していただいたことがあり、対応が丁寧という印象を持っています。

詳しくはこちらの記事で。

レバテックフリーランスさんに記事をご紹介いただきました!掲載許可と記事公開の連絡もいただきました

レバテックフリーランス」は登録は無料なので、まずは登録してどんな案件があるか探してみてください。登録にはお金はかかりませんし、相場を知るために使ってみるのもよいかと思います。相場が分かれば収入の目標を立てやすいですし、単価交渉の際にも役立ちます。

無料でレバテックフリーランスに相談する
おすすめポイント
平均年収862万円、営業不要で仕事を探せる、無料の個別相談会
フリーランス求人サイト レバテック

クラウドテック」もフリーランス向けの求人サイトです。エンジニアだけでなく、デザイナー・クリエイター、ライターの求人案件も扱っています

クライアントとフリーランスをマッチングしてくれるのが「クラウドテック」の特徴で、求人の紹介だけでなく業務終了までサポートしてくれるので安心です。「クラウドワーカーあんしん保険」という就業不能に備える保険もあるので、その点もイイなと思います。

支払いは最短で15日後というのも魅力的。早く報酬が欲しい時はありがたいですね。

※「クラウドテック」は、「クラウドワークス」が運営するフリーランス向け求人サイトです。

無料でクラウドテックに登録する
おすすめポイント
支払いは最短15日後、満足度に応じてボーナス付与、面談調整・契約を代行
フリーランス向け求人サイト クラウドテック

結論:アルバイトよりフリーランスの仕事をすべき

私の結論は、「アルバイトよりフリーランスの仕事をすべき」ということです。フリーランスとしての経験を積むこと、これが稼ぐためのなによりの近道になります。

稼げるようになるまではしんどいと思いますし、アルバイトでとりあえずの生活費を稼ごうかと考えたくなると思いますが、フリーランスの仕事に関係のないアルバイトをすることにメリットはありません。アルバイトをするならフリーランスの経験につながる仕事を選び、そうでないなら単価が安くてもフリーランスの仕事をこなして経験を積んでいくべきです。

いろいろな案件を受注しているうちに割のいい案件の選び方も分かってくるので、稼げるようになるにはとにかく案件数をこなすしかありません。稼げない時期は辛いと思いますが、その壁を乗り越えた先にはフリーランスとして稼ぎ、好きな仕事を選べるようになった自分がいるはずです。それを忘れずにどんどん経験を積んでいってくださいね。

Twitterで毎日フリーランス情報を発信しています!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。