仕事がないフリーランスが稼ぐためにするべき6個のこと:将来の稼ぎにつながることをすべし

仕事がないフリーランスが稼ぐためにするべきこと



フリーランスとして開業したものの、仕事がなくて不安に感じている方は多いかと思います。
私も仕事がなくて困っていた時期がありましたが、仕事がない時に経験を積んだりスキルを磨いたりして今はなんとか生計を立てられるようになりました。
仕事がないフリーランスが稼ぐためにするべきことは6個あります。
仕事がない時こそ将来の稼ぎにつながることをするチャンスですので、仕事がないと嘆く前にやるべきことをやっておきましょう!

1.単価が安くても経験になる仕事を探す

仕事がない時に単価が安いだと贅沢は言ってられません。
しかし、経験にならない安い仕事ばかりしていては苦しい生活が続くだけです。

希望する単価で仕事が見つからない時は、単価が安くても経験になる仕事を探すべきだと私は思います。
仕事がないと感じるのは、この単価ではやりたくないと選んでいるだけなのです。
ただ、単価が高いか安いかが問題で、安い仕事を経験と割り切ってできれば将来の稼ぎにつながります。

クラウドソーシングの案件を見てみれば、経験が浅くてもできる仕事はたくさんあります。
残念ながら経験が浅いと単価が安い案件しか選べないので稼ぐには厳しいですが、兎にも角にも経験を積まなければ稼げるようにはなりません。

かくいう私も仕事がない時は単価が安くても経験になる仕事をたくさんこなしてきました。
私は未経験からWebライターのフリーランスになったので、経験を積むことが第一でした。
苦しい時期に経験を積んでおいたおかげで、今の稼ぎにつながっています。

私が意識していたのは、単価の安い仕事をいかに効率よく正確にこなせるかです。
単価の安い仕事でも自分の頑張り次第で時給単価は上がりますし、早く終わらせることができれば数をこなせるので収入も増えます。
私の場合、執筆速度をひたすら上げられるように努力しました。
そのおかげで速筆で仕事ができるようになったので、安い単価で仕事をしたことは無駄ではなかったと思います。

さすがに安い単価の仕事を大量にさばくのはしんどいですし、それでは生活が楽にならないので、あるていどの経験を積んだらどこかで区切りをつけなければなりません。
経験と実績を積めば単価交渉をしたり、単価の高い案件を探したりできるようになります。
仕事がないフリーランスが稼ぐためには、単価の安い仕事でも経験を積むことが必要です。

クラウドソーシングは未経験でも仕事を探しやすいです。
全体的に単価が低いものの、案件数が多いので未経験や経験が浅くてもできる仕事は見つかります。

リンク:ランサーズ
※メールアドレスだけで簡単に登録できます。
※非公開案件の閲覧には登録が必要です。

ランサーズ

2.稼ぎにつながるスキルを調べて習得する

仕事がない時は、皮肉にも時間はいくらでもあります。
フリーランスは仕事がないとやることがないのですから。

しかし、仕事がない時こそスキルを習得するチャンスと捉えるべきです。
仕事がなくて時間がいくらでもあるように、勉強することもいくらでもあります。
時間を無駄に浪費するか、スキルの習得にあてるかで将来の稼ぎが変わります。
それに、仕事が忙しくなるとスキルを習得する時間がなくなるので、時間がある時に取得しておくことをおすすめします。

スキルを習得する前に、まずその職種で稼ぐためにはどんなスキルが必要なのかを調べてください。
稼ぎにならないスキルを磨いても仕方がないので、稼ぎにながるスキルが何かを知ることが第一です。

エンジニアなら今どんなプログラミング言語が必要とされているのか、稼ぎがいいのかを調べるといいでしょう。
アプリ開発をするならSwiftは扱えた方がいいと思います。
いろいろなフレームワークを試してみるのもアリですね。

Webライターの私がおすすめするのはWordPressです。
ライターの仕事はWordPressに入稿することが多いですし、自分でブログをするためにもWordPressは扱えた方がいいです。
私も仕事がない時にWordPressを勉強しました。
WordPressで原稿の体裁を整えるのも仕事なので、最低限のHTML、CSSの知識は必要です。
PHPはWordPressをいじっているうちに自然と扱えるようになりますし、WordPressで使うPHPはエンジニアが使うようながっつりしたプログラミングとは少し違うのであまり気構えないでいいと思います。

WordPressに関しては、別記事で詳しく書いていますのでそちらを参考にしてください。

フリーランスのWebライターになるならWordPressを絶対扱えた方がいい

3.他のフリーランスのブログを読み漁る

在宅フリーランスにはノウハウを教えてくれる人が身近にいないという問題があります。
積極的にセミナーや異業種交流会に参加できる人なら先輩フリーランサーやメンターに出会って教えてもらえると思いますが、私のようにコミュ障で引きこもりのフリーランスはそうした場に行けないので、人との関わりはほぼありません。

ならできることはひとつ。
他のフリーランスのブログを読み漁ることです。
ネット上にはフリーランスが書いているブログ記事やサイトがたくさんあります。
ノウハウを公開しているブログもありますし、なんならコメント欄で質問してみるのもいいでしょう。

自分の職種のブログだけでなく、職種を問わず読んでおいた方が幅広く知識を得られます。
職種によって仕事内容や単価は異なりますが、稼ぐために意識していることとか、クライアントとのコミュニケーションの取り方とか、職種に関係なくフリーランスに必要なことを学んでおきましょう。

私も仕事がない時は、他のライターやアフィリエイターのブログを読み漁っていました。
どうやって仕事を探しているのかとか、どんなことを勉強したのかとか、いろいろ勉強させてもらいました。

私が見ていた(今も見ている)ブログを一部ご紹介します。
フリーランスの方ばかりではないですが、勉強させていただいたブログをピックアップしました。

海外SEO情報ブログ
わかったブログ
かちびと. net
ウェビメモ
OZPAの表4
たけろぐ
ENJILOG
TechDoll.
Stocker.jp / diary
ホームページを作る人のネタ帳

私はたくさんのブログから仕事のノウハウやフリーランスとして必要なことを学びました。
私も自分が学んだことを還元できればと思ってこのブログを始めたので、悩んでいるフリーランスの方の助けになれば嬉しいです。

4.ブログを書く / ポートフォリオを作る

ブログから学んだら次は自分でもブログを書く!
ライターに限らず、フリーランスはブログを書いた方がいいと私は考えています。

ブログは自分が学んだことをアウトプットする場でもあります。
スキルや知識がなくても構いません。
こういうことを学んだと、備忘録代わりに書いたことが誰かの役に立つことがあります。
アクセスが集まればアフィリエイトで収入を得ることができますし、ともすればブログ経由で仕事の依頼が来る可能性もあります。

もうひとつ、フリーランスがブログを書くことをおすすめする理由があります。
それはブログはポートフォリオになることです。
ブログは自分がどんなことをできるフリーランスなのかを示せるポートフォリオの役割を持っています。
案件に応募する際にポートフォリオ代わりのブログを見てもらえれば、クライアントに自分のことをより知ってもらえます。
応募フォームの短い紹介文だけでは知ってもらえないことも、ブログを見てもらうことで伝えられる情報が増えます。

ポートフォリオと言えばデザイナーやクリエイターが作るというイメージがあるかと思いますが、どんな職種でもフリーランスならポートフォリオを持っておくべきです。
私も以前は別のブログをやっていたのですが、記事作成の案件に応募する際はそのブログのURLを記載してポートフォリオ代わりにしていました。
WordPressで一からテーマを作ったブログで、勉強したことや仕事に使えるツールなどを書いていました。
ブログを見てもらえればどんな文章を書く人か知ってもらえるので、Webライターは必ずブログをやった方がいいです。

あまり興味はないと思いますが、一応URLを張っておきます。

http://4th-life.com/

5.SNSで交流を広げる

ブログを書くより手っ取り早いのがSNSです。
SNSなら短い文を投稿すればいいのでネタに悩むこともありません。

主に利用するのはTwitterですが、フリーランスのアカウントを探してフォローし交流を広げます。
SNSを使えば情報を収集したり交流したりできるので、フリーランスはSNSを活用しない手はありません。
仕事につながるかは微妙なところですが、リアルでの人脈作りが苦手な方はSNSを活用するといいでしょう。
ブログを書いているなら記事の拡散にもSNSは役立ちます。

ただ、SNSは交流は広がるものの、本当の人脈作りにつながるかは別です。
SNSでは簡単に人とつながれる反面、つながりが希薄になります。
リアルな人脈につなげるにはイベントやセミナーに参加したりといったことが必要となるので、私のようなリアルでのコミュ障には難しい面もあります。

とは言え、SNSを通してたくさんの人と交流が生まれるのは良いことですし、学ぶことも数多くあります。
ブログと同様に、フリーランスはSNSもやっておいた方がいいと思います。

6.フリーランス向け求人サイトを利用する

営業したり自分で仕事を見つけたりするのが難しい時は、フリーランス向け求人サイトに頼ってみましょう。
コーディネーターがサポートしてくれるので、営業ができなくても心配はありません。

今はフリーランス専門の求人サイトが増えてきたので、営業しなくても仕事が探せるようになっています。
クラウドソーシングと比べると全体的に単価が高いですし、高単価の案件もたくさんあります。
経験や実績に応じて案件を紹介してくれるので、経験が浅いことは気にせずに相談してみるといいでしょう。

リンク:レバテックフリーランス
※登録は簡単で、名前・生年月日・電話番号・メールアドレスの入力だけです。

レバテックフリーランス

「クラウドテック」ならエンジニアだけでなく、デザイナー・クリエイター、ライターの求人案件も探せます。

リンク:クラウドテック

クラウドテック

最後に

仕事がないと辛いものですが、自由な時間を有効に使うかどうかで先行きが決まります。
生活のためとはいえ本業と違うアルバイトをしても経験にならないですし、それではフリーランスになった意味がありません。
それなら単価が安くても経験になる仕事をしたり、生活費をなんとかやりくりしてスキルを習得することに時間を費やしたりする方が有益です。
仕事がない時は下積み時代と考えて、将来の稼ぎにつながることをしましょう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です